メディカルサロンブランド サプリメント開発秘話「やせやすいダイエットモードのカラダにするために」

カートを見る

サプリメント開発秘話

やせやすいダイエットモードのカラダにするために

アサリやハマグリなど海の底に潜む生き物にはクロムというミネラルが豊富に含まれています。

クロムの健康効果については、20年以上も前から医学界ではよく知られていました。糖尿病患者に大量のクロムを投与すると、血糖値の改善が見られます。このことから、クロム含有耐糖因子の存在が語られ、医学応用の道が探られていたものです。

クロムに関しては他にもいろいろな研究データがあります。虚血性心疾患(心筋梗塞や脳梗塞など)患者の血中クロム濃度は低かったというデータは特に有名で、さらに深く研究した結果、クロムをとっていると善玉(HDL)コレステロールが上昇することが確認されたのです。

さらに有用な医学データが、1993年にある医学雑誌に掲載されました。クロムを毎日200μgずつ摂取して運動すると、摂取せずに運動した人に比べて、体脂肪の減少が7倍以上になるというデータです。

このクロムをなんとかサプリメントとして利用したいと思っていました。ところが一つだけ不安があります。酸化して六価クロムになってしまうと、健康上好ましくないという点です。六価クロムは大量に摂取すると皮膚障害をおこします。神通川の「イタイイタイ病」との関連が指摘されているほどです。まさに両刃の剣です。それまでに市販されているクロム含有サプリメントはそのことに配慮されていません。その点が心に引っかかっていましたので、知人に薦めることはありませんでした。

ところがあるとき、ハッとひらめいたのです。抗酸化作用を持つビタミンCと一緒にすればいいじゃないか、と。ビタミンCがクロムの酸化を予防し、クロムをいい状態に保ってくれます。しかも、ビタミンCには活性酸素障害を予防する作用があるので、運動時には積極的に摂取するように勧めることができるものです。クロムも運動したときの体脂肪減少に役立ちます。このひらめきで、俄然やる気がわいてきて、開発がすすみ、その結果、完成されたのがメディカルサロンの「ビタミンC&クロム」です。

身体に実際に作用するものは、両刃の剣であることを忘れてはいけません。「効果的だ」と語られているものほど裏事情が存在します。その裏事情にたいしてどのように配慮されたかを考えると、サプリメントの良し悪しへの理解がますます深まるというものです。

開発秘話トップに戻る

↑ PAGE TOP